【猫島1】香川県の佐柳島:猫、よく跳んでおります

うーさん

去年の8月に香川県の佐柳島という猫島に行ってきました。ちょうど腱鞘炎がひどい時期で、この旅行でさらに悪化してしまいました(@_@;)

さて、この島は猫が防波堤の切れ目をジャンプするので有名になった島です。香川県には別の用事があって訪れたのですが、はるばる東京から行くんだからやっぱり猫島に行かなきゃね!と島に2泊することにしました。

そして撮れたのがこれ。

佐柳島の猫

実は行く前にどうやったらジャンプ猫が撮れるかリサーチしたのですが、まず猫に跳んでもらわなければ話になりませんので、猫が向こう側にいるときにこちら側にエサを置き、こっちに跳ぶところを狙います。絞りは絞って、ピントの合う範囲を広くします。シャッタースピードを稼ぐために、感度は高めに設定。というのがマニュアルらしいです。

が、1人でエサを置いて、こっちに跳ぶ猫を撮るのって難しいです。ネット上でもエサ置き係と撮影係の2人チームが良いと書いている人がいたのですが、なにせ1人旅。頑張りましたが、片手でエサを置き、片手でカメラを構えて敏捷に動く猫にフォーカスするのは至難のワザ。撮れるのはこんな写真ばかりです。

佐柳島の猫
真横から写せるなら距離は変わらないので、跳ぶ前にピント合わせでOKなのですが、こっちに向かって跳ぶ場合はどう絞ってもあきまへん。

それに何度もやっていると、猫も私がエサを置くのが分かって、跳ぶのがどんどん速くなります。おまけに他の猫がこちら側の壁に集まって来ちゃって、「君たちじゃない~~!!」ってことに。

結局、たった1枚だけ撮れた上の写真は、「もうだめだ」と諦めて、防波堤に座っていた猫を撮っていたのですが、その子がたまたま跳んでくれたのでラッキーにも真横から撮れたというものでした。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply