腱鞘炎で手が痛すぎたときのお助けグッズ

うーさん

さて、腱鞘炎治療のブログを1回お休みして、腱鞘炎を患っている間に使って助かったグッズのご紹介をしたいと思います。

まずはUVアームカバー。これは整形外科で出されたモーラスパップという湿布に、光線過敏症を起こすかもしれないという副作用があるからです。しかも貼っている間だけではなく、使用を止めた後も紫外線には注意しなければならないので、アームカバーと日傘は必須でした。


ところが、いつも使っているアームカバーは伸縮力が強すぎて、手をかなりすぼめないと通せないんですね。この手をすぼめる、というのが私には無理でした。上のアームカバーは締め付け感がなく、痛い思いをしないで着脱できました。

次のご紹介はがま口式カードケース。サイフを開くのも痛いような状態でしたので、なるべくSuicaとかの電子マネーで支払っていたのですが(ピッで済むので簡単!)、困ったのがポイントカードでした。二つ折りサイフを使っているので、サイフを開く手と逆側の手で押さえていないとサイフは閉じてしまいます。この押さえるときに痛かったのです。

そこで開いて「押さえる」という動作を省略すべく、カードケースの外側にスリットがついているものを買ってみたのですが、スリット全部にカードを入れると抜き出すのが大変。もっと簡単に開けられて、簡単に出せるものがないだろうか?と検索して見つけたのがこれ。


痛くない方の手でがま口をひねると、パカッと大きく開いて、痛い方の手で押さえている必要がありません。難点はがま口って金属を使っているので、普通のカードケースより重いってことですね。

そして手を冷やさないように最も効果があったのが、この手首ウォーマーです。

これは夏の間から冬になった現在でも使用しています。布地はすごく薄いのにとっても暖かいです。夏はエアコン対策、冬は防寒対策として腱鞘炎とは関係なく皆さんにお勧めできるもの。

薄手なのに暖かいという他に、形状が良いんですよね。手首ウォーマーにはリストバンドのようにただの筒状になっているもの、親指を通す穴があいているもの、指先のない手袋のような形状をしたものなど色々あります。でもただの筒状のものは手首は温められても、手の甲はむき出しですし、頑張っても甲の1/3くらいをカバーするのがせいぜい。しかも、すぐずれてしまいます。親指用の穴があるものは、穴の感触が痛かったりします。痛くなくても穴のところって伸縮性があるので、締め付け感があります。そして指先のない手袋状のものは、トイレに行ったときにいちいち外さなきゃならないのが面倒。

このHoccoriウォーマーは、手の甲もカバーしますし、トイレに行ったときは親指を他の指の方に通して、ウォーマーを手首にずらせば外す必要もありません。本当にお勧めできます。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply