1. Top » 
  2. 写真 » 
  3. 塩船観音寺のつつじ祭りに行ってみたんだけど

塩船観音寺のつつじ祭りに行ってみたんだけど

前々から行ってみたいと思っていた塩船観音寺のつつじ祭りに行った。塩船観音寺ってどこかというと、東京都青梅市になる。

まずはホリデー快速おくたまに乗って河辺(かべ)駅へ。停車駅が少ないのでこの電車にしたんだけど、誤算は座れなかったこと。リュックを持った人がたくさんいたので、奥多摩でハイキングという乗客が多かったらしい。ってことで、河辺駅に着いた頃には、もうすっかり足が疲れてしまっていた。

河辺駅からはバスで塩船観音入口まで。ここから歩いて約10分。つつじ祭りの間は、入山料300円が必要だ。塩船観音寺は、お堂をすり鉢状に斜面が囲うような地形になっていて、斜面につつじが植えられている。

塩船観音寺のつつじ
まずは、斜面を見上げるアングルで。中央奥に見えているのが塩船平和観音。残念な位置に座っている人がいて、しばらく待ってみたんだけど退く気配もない。帰る頃には、ここにシートを敷いている人がいたけど、もうちょっと他の人への配慮がほしいものだ。
塩船観音寺のつつじ
さて、斜面を上がって見下ろしたところ。実は、今年は満開が例年より1週間早かったということで、もう終わってしまったつつじが多かった。開花時期の違う品種を植えているってことだけど、終わったものの方が多くて、ちょっとがっかり。

塩船観音寺のつつじ
近くで見るとお花がしなびているんだけど、遠目には玉のように成形したつつじがかわいらしい。

塩船観音寺のつつじ
左上にあるのが招福の鐘といって、参拝者が自由につけるようになっている。

塩船観音寺のつつじ
中央に移っているのが護摩堂。5月3日が例大祭ということで、護摩堂の前ではその準備をしていた。1枚目の写真は、この護摩堂の後ろで撮ったもの。

塩船観音寺のつつじ
ところどころに松が植えられていて、写真を撮るときに微妙に邪魔なんだよね。松、なかったらよかったのになぁ。

塩船観音寺のつつじ
これが一番きれいな状態なんだけど、よく見ると花びらに痛んだところがあって、なかなか接写できるつつじが見あたらなかった。

招福の鐘
これが招福の鐘

児玉稲荷社
児玉稲荷社

塩船観音寺の裏の散策路
観音様の裏手から散策路に抜けられるようになっていて(チケットを見せると再入山できる)、山並みがきれいだった。(手前はゴルフ場みたい)

護摩堂から観音像までを回る道は坂なのでいいんだけど、つつじの間を抜ける散策路は足場が良くない階段なので、歩きやすい靴で来た方がいい。といっても、来るまでに足が疲れていた私は、帰る頃にはすっかり膝イタに見舞われてしまい、ちょうどお客さんを乗せてきたタクシーをつかまえて駅まで戻ったのでした。ちょうど1000円でした。

Comment

No Title

関西は先週からとても寒く、今週がつつじのピークのように思えます。
さくらと違って、各地域の情報がないので関東のつつじは5月になる前に散っているところもあるんですね。

先週は北陸に出かけていましたが、寒さにも負けず、つつじは満開でした。

  • カー [#-] |
  • URL |
  • 2016 05/02 (Mon) 14:00
カーさんへ

今年は関東地方ではお花のシーズンが前倒しという感じがします。6月始めに花菖蒲を見に行ったんですが、6月中旬に満開かなと思っていた花菖蒲がもう満開でした。つつじで懲りたので早めに行ったつもりが、ちょうどという感じでした。

  • うーさん [#-] |
  • URL |
  • 2016 06/13 (Mon) 21:57
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://usanblog.blog49.fc2.com/tb.php/2041-95604986 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
検索フォーム
最新記事
最新コメント
アーカイブ
Counter
プロフィール

うーさん

うーさん
海外旅行が好きで英語を勉強中。好きな洋書のジャンルはhistorical fictionと宗教ミステリー。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

今これ読んでます
洋書タグ
ホームページ

このブログをリンクに追加する