1. Top » 
  2. 写真 » 
  3. この生き物はなんだ!?

この生き物はなんだ!?

さて、先週末に某寺に行ったときに見かけたこの生き物。一体何だこりゃ?

謎の動物
キツネ? タヌキ? それとも私の知らない動物?

謎の動物
鼻が長い。そして毛の生え方が変わっている。顔と足としっぽにしか毛がない。あ、背中にもモヒカン風に毛があるか。

本当に一体何なの~~~っ!?

Comment

可哀想ですね

この生き物は「たぬき」です。
が…疥癬(かいせん)という病気に、かかっています。
寄生虫が皮膚の下に空洞を作り、そこで繁殖します。そして、全身に広がります。毛が無いのは全身に疥癬が広がっているからです。
とっても痒いはずです。治療をしなければ、衰弱して死んでしまいます。
犬、猫、人間にも感染します。
町中の、野良猫さんにも同じような症状の子が時々います。
可哀想ですが、お薬を使わないと治りません。

  • 猫丸 [#-] |
  • URL |
  • 2016 03/30 (Wed) 17:49
Re: 可哀想ですね

猫丸さん、ありがとうございます。

実は職場でこの生き物の形状を話したところ、疥癬にかかったハクビシン説が浮上したのですが、顔に白い線も入っていないですし、顔自体の毛は残っているので白いところだけ抜けてしまうというのも考えにくい、ということでタヌキ説が有力になっていたところです。

疥癬ってこんなになってしまうんですね。以前、大島弓子の「グーグーだって猫である」というマンガを読んだときに疥癬にかかった猫というのが出ていて、まばらに毛が生えているというような絵だったんですが、このタヌキを見てどういう状態かわかりました。毛が抜けてしまうほど痒いのは、さぞ辛いでしょうね。

それにしても、このお寺は東京23区内にありますので、キツネかタヌキ?という動物を見て驚きました。どこから来たのかなぁ?

  • うーさん [#-] |
  • URL |
  • 2016 03/30 (Wed) 23:07
都会住まい

こんにちは、う~さん。
都会に住む野生動物は、結構多いですよ。
特に、雑食性の動物には都会は「餌」となるゴミが沢山あるので、暮らしやすいみたいです。
世田谷区を走る、世田谷線沿線に住み着いているタヌキもいます。(結構、有名です)
私の知人は、大田区に住んでいますが、ハクビシンがウロウロしているそうです。
家の屋根裏で、アライグマが子育てしていた例もあります。

これは余談ですが、夜、千葉の山中の道路中央で、2匹のアライグマが、殴り合いのケンカをしていました。車のライトに照らされても、全く気にせずボカスカやってましたよ。
たぶん、縄張りがらみのケンカだと思いますが、とっても面白かったです。

  • 猫丸 [#-] |
  • URL |
  • 2016 04/01 (Fri) 12:06
Re: 都会住まい

> 家の屋根裏で、アライグマが子育て

うう~ん、これはびっくり(@_@) どうやって屋根裏までもぐり込んだんでしょうね。
たまにタヌキ出没のニュースを聞くことがありますが、世田谷線に住んでいる子がいるとは知りませんでした。

> 2匹のアライグマが、殴り合いのケンカ

こりゃ、滅多に見られないシーンですね。殴り合うんだ~~

  • うーさん [#-] |
  • URL |
  • 2016 04/02 (Sat) 21:36
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://usanblog.blog49.fc2.com/tb.php/2025-eff4611b この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
検索フォーム
最新記事
最新コメント
アーカイブ
Counter
プロフィール

うーさん

うーさん
海外旅行が好きで英語を勉強中。好きな洋書のジャンルはhistorical fictionと宗教ミステリー。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

今これ読んでます
洋書タグ
ホームページ

このブログをリンクに追加する