ジェフリー・アーチャーの「Only Time Will Tell」読了

うーさん

「Only Time Will Tell」は、3部作(間違いでした!すでに5巻目に突入しているとか)となるClifton Chroniclesの第1作目で、2011年に刊行された。ほとんど外れがないジェフリー・アーチャーの作品を今頃になって読んだのは、他でもない。これが3部作だったからだ。きっと2作目、3作目が出る頃には、前の巻のストーリーなんてすっかり忘れてしまうということは目に見えている。

よし!全部出たらまとめて読もう!

とつん読にしておいたものだ。
Only Time Will TellOnly Time Will Tell
Jeffrey Archer

Pan MacMillan Paperback Omes 2011-09-01
売り上げランキング : 17563

ハリー・クリフトンは港湾労働者の息子だった。が、父は戦死し、母と粗野なおじと祖父母との貧しい暮らしをしていた。興味が持てない学校より、古い列車に暮らすオールド・ジャックと話す方が楽しいというハリーの生活が一転したきっかけは、彼のたぐいまれな歌の才能だった。

聖歌隊に入り、やがて上の学校に進学することになったハリー。ここから、寮でのいじわるな先輩、親友となるGilesとの出会い、その親友Gilesの父がなぜかハリーに冷たいという謎、学費を工面するために苦労する母のメイジーを襲う苦難など、ネタとしてはベタな物もあるが、やっぱり読ませるのがうまいよねという展開が続くことになる。

やがてハリーはオックスフォードにまで進学することになるのだが、彼を待っていたのは驚愕の事実だった。

今まで何度も書いているが、アーチャーの文章は読みやすい。そしてストーリーテリングも巧みだ。この本もハズレではない。が、最初から3部作にすると決めているせいか、話の進み具合がのろい。もっと速く展開できるんじゃないのかなぁ、と思うことが何度もあった。

あの「ケインとアベル」があれだけドラマティックなのは、展開の小気味よさもあるからで、進みが遅いということが本作の残念な点だ。面白いんだけど、第2作も絶対読みたいと思うほどcaptivateかというと微妙。それは、良くいえば描写が丁寧、悪く言えば長々しいところに起因している。

ま、2作目も買ってあるのでおそらく読むとは思うけど。

ストーリー満足度3.5星
スリリング度3.5星
波瀾万丈度4星
語彙レベル(多い方が難)3.5星
総ページ数450p

ご参考になりましたらクリックしてください。
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

Comments 6

There are no comments yet.
Milli  
No Title

このシリーズ、もうすぐ5作目のMightier than the Sword が出るのでは・・・。しかもまだまだ続くようなことが書いてあった記憶があります。最近の3部作といえばフォレットの印象が強いです。どちらもすごく読みやすい作家ですよね。

2015/02/10 (Tue) 21:13 | EDIT | REPLY |   
ベス  
これ読んだ

翻訳ですが。原作は最後のがもう出たのね?
最初は快調に読んだけど、第2部後半くらいから失速を感じたかな。

原語で読む元気はないわ~

2015/02/10 (Tue) 22:21 | EDIT | REPLY |   
うーさん  
Milli さんへ

Milliさん、こんにちは。

> もうすぐ5作目
あれあれあれ? 似たような時期に二人とも新作を発表したので、ひょっとしてケン・フォレットの三部作と勘違いしたのかもしれません。

> しかもまだまだ続くような
うっ、なんてことでしょう。完結したかと思って読み始めたのに、まだまだ続くとは。

昔、半年に1冊ずつ刊行される日本語のシリーズ物を読んでいたんですが、次の巻が出る頃にはいつも前の巻の展開を忘れていて、毎回読み直していたんですよ(記憶力から見放された私)。巻が進むにつれて、読み返す巻がどんどん増えるので、ある時「完結したら全部まとめて読もう」と決意したものです。

英語の本を何度も読み直すのは厳しいなぁ。どうしましょう!?

2015/02/11 (Wed) 18:22 | EDIT | REPLY |   
うーさん  
ベスちゃんへ

> 原作は最後のがもう出たのね?
3巻完結だと思ってたのは、勘違いだったみたい! もう5巻目が出ていて、しかももっと続くと教えてくれた方がいらしたんですよ。ああ、完結したと思ったから読み始めたのに・・・ 6巻目がいつ出るのかわからないけど、それまで記憶していられるとも思えない。

> 第2部後半くらいから失速
私、今2巻目のラスト近くに来てるんだけど、1巻目と比べて失速は感じないかな。1巻目の進行がゆっくりだなって思ってたので。
でも、契約のくだりは、ありえんだろーと思ったけど。
それから読ませる筋にはなっているんだけど、各エピソードに新鮮みが感じられないというのはありますね。

2015/02/11 (Wed) 18:28 | EDIT | REPLY |   
ベス  
No Title

あ、失速って、読み進もうというモティベーションが、って意味ね。エピソードに新鮮味がないのはそのとおりで、「これで読者をひきつけてやろう」みたいな作意が見えるのがちょっとね。

2015/02/11 (Wed) 22:10 | EDIT | REPLY |   
うーさん  
ベスちゃんへ

> 読み進もうというモティベーション
この本でちょっと気になるのが、長いからといってあまり丁寧に書き込んでいるという印象になっていない感じがするんですよね。どの作品も一定レベルで読ませる作家だとは思うんだけど、読ませていたポイントは展開の小気味よさと「一体どうなるの?」というハラハラ感に因っていたのかなって。長くなったから人物描写に深みが増しているかというと、微妙な気が。

でもとりあえず3巻には進もうと思います。まだ買っていないので、amazonと書店で値段を比較してみよう。

2015/02/12 (Thu) 00:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply